会社信用調査で財務情報にせまる

財務情報を得るためには会社信用調査を使う

会社信用調査で財務情報にせまる

どうなんだ

実際のところどうなんだ!
そんなものが分かれば人生は苦労しないと心のなかで愚痴ります。
それが言葉に出てないことを確かめながら、私は目の前にいる中小企業の社長に話しました。

「そんなことを言われても、分かりません」
事の発端は取引先の企業の経営不振です。
インターネットでうちの社長がそのサイトを何気なく見ていたところ、関連情報でその会社の業績が落ちているという書き込みを見つけました。
情報としての信ぴょう性は無くても「そうかもしれない」と思わせる情報は根拠がなくても人に不信感を与えます。
会社信用調査を始めたのはそのようなきっかけがありました。

取引先の会社も中小企業ですから、相手の社長さんとも顔のしれた中です。
そのような人に「会社信用調査の一環としておたくの財務情報おしえてよ」なんて言えるはずもありませんでした。

それなのにうちの社長は私たちにその会社の会社信用調査をしろと命じてきます。
私たちはそんな財務情報を調べるための専門的な機関でもなければ、会社の財務情報を知れるような情報網も持っていませんでした。

そんな横暴な社長の命令にしびれを切らしたのか、先輩が啖呵を切ったようにいいます。
「そんなに相手の会社の財務情報が気になるんでしたら、会社信用調査の企業に依頼すればいいじゃないですか!」

what's new

2013/03/29
明かさないを更新。
2013/03/29
結果は必ずしもを更新。
2013/03/29
身元を更新。
2013/03/29
調べるのが仕事を更新。
2013/03/29
トップページを更新。